障害年金のこと、専門の社会保険労務士に相談してみませんか

交通事故を専門とする士業へ(高次脳機能障害と障害年金)

交通事故に遭われた方や、脳梗塞・クモ膜下出血などを起こされた方の中には、「高次脳機能障害」になられることがあります。

交通事故

高次脳機能障害は認知度の低い傷病ですので、ご自分では気づかれていないことや医師も気づかないことが珍しくありません。

忘れっぽい、怒りっぽくなったなど人格が変わった、計画的な行動ができない、新しいことが覚えられない、などの自覚症状がある方は、一度、病院で診てもらうことをおススメします。

高次脳機能障害だと気がつかずに、何年も苦しまれていた方もおられます。

高次脳機能障害も障害年金の対象となり、精神の診断書に医師に記入してもらい、提出することになります。

また、高次脳機能障害は、肢体の診断書と合わせて障害年金の等級が上がる可能性があります。

 

交通事故を専門としてる弁護士さんや行政書士さんに、ぜひ知ってほしいと思います。

損害賠償請求、示談が確定するには期間を要しますので、生活費のためにも障害年金のことをご案内いただき、交通事故に遭われた方に繋いであげて欲しいと思います。

対応エリア  

メールでのご相談は初回無料にて、フォームから承っております。お電話での相談をご希望の方は、お手数ですが先に電話相談のご予約をお願いいたします。

電話相談のご予約

電話相談のご予約

メールでのご相談

    ★障害年金の対象となる方についてご入力ください。

    性別

    ★ご相談者についてご入力ください。

    希望連絡先(任意)

    障害年金をご請求される方とのご関係
    ご本人配偶者父・母後見人その他

    ページトップへ戻る