お客様の声・実績の一部をご紹介

障害年金実績

お客様のご意見・ご感想の一部をご紹介させていただきます。
※画像をクリックすると拡大します。


障害年金お客様の声1

脳出血による高次脳機能障害で障害年金が支給決定されました。
ご自分で申請された際には不支給決定だったとのことでご相談いただきました。
不支給決定通知を確認させていただくと、肢体の障害では障害状態が3級不該当という内容でした。
精神の診断書を書いたことがない医療機関とやりとりしながら支給決定に至りました。
日々症状が悪化し年収も低下するなかで、二人のお子さんを育てられていたため、とても不安な表情でご来所いただいたきました。
支給決定され、不安が安心に変わったとおっしゃっていただけて何よりでした。


障害年金お客様の声2

うつ病で1級の受給権を得ました!
弊所にお越しになられた際には、ご家族はとても不安で焦られている様子でした。
症状の突然の悪化にパニックされているようにも見えました。
共催組合だったため、独特な進め方でしたが、ご家族も主治医も協力的だったため、1カ月以内に支給申請まで完了しました。
事後重症請求だったため、最善の状態で進められたと思います。
傷病手当金との調整もあり、分からないことが多い中で混乱されたことと思いますが、1級が決定されて良かったです。


障害年金お客様の声3

適応障害で遡及して支給決定されました。
息子さまを心配するご両親からのご依頼でした。
漆原の著書を読み、障害年金の存在を知ったそうです。
初回のご面談の際に、切実なお話をお伺いしながら、なんとかお役に立ちたいと感情が湧き出たのを今でも思えています。
適応障害で遡り支給決定され、現在は双極性障害で引き続き受給されています。
カルテの開示請求で取得した書類を証拠に、申立書を追加で添付し、受給権を得ました。
とても難しい案件でしたが、ご両親とご本人の希望に沿うことができて良かったです。


障害年金お客様の声4

脳梗塞による高次脳機能障害で2級の遡及請求が決定されました。
4年以上も障害年金の存在を知らずに過ごされ、ご親戚から存在を教えてもらったそうです。
弊所も、漆原の著書を参考にセミナーを開催されていたご親戚よりご紹介いただきました。
脳神経外科の先生は、精神の診断書を書ける方が精神科の先生などに比べると少ないため、医師とのご面談に同行させていただきながら丁寧に進めました。

 


脳出血による肢体の障害と高次脳機能障害で2級の認定日請求が決定しました。
ソーシャルワーカーさんからのご紹介で弊所へお越しいただきました。
肢体の障害も高次脳機能障害も、全てひっくるめて1枚の診断書で審査されると思っていたそうですが、実は、障害年金は傷病の部位等によって診断書の種類が分かれていて、それぞれ審査されることをご説明させていただきました。併合して等級が上がる傷病もありますが、今回は両方が3級でも2級には上がらない傷病でした。ただし、どちらも3級に近い診断書の仕上がりだったため、両方提出することにしました。3級非該当、又は2級の可能性もある内容でしたので、申立書を追加し、状況を細かく伝えることで、結果的に2級にの決定を得ることができました。

網膜色素変性症で、診断書が無いにも関わらず遡り2級が決定しました。
認定日請求(遡り)をしようとしたところ、計測をしていない時期だったため、診断書の内容を記入することができませんでした。
多くは、この時点で諦める方向で進められるのでしょうが、粘り強く様々な書類を集めて申し立てることで、遡り2級の決定を得ました。
途中で、障害状態のの審査が困難なため、審査期間遅延の通知が届きましたが、支給決定通知が届いて本当に良かったです。

右変形性股関節症で障害厚生年金3級が決定しました。
税理士・社労士さんからのご紹介により、手術前からご相談いただき、念入りな事前の準備をしてきました。
手術直前直後は不安や心配な気持ちになると思いますので、早めに準備して良かったと思いました。
順調にご回復され、認定日請求3級の永久認定となりました。厚生年金加入中の初診日で良かったと、改めて考えさせられました。
また、司法書士さんや税理士さん等の士業の方からのご紹介も多いのですが、同業者の社労士さんからのご紹介は特に嬉しいです。良い結果の報告ができてホットしました。

脳梗塞による下肢の障害で3級の決定通知が届きました。
障害者特例に該当するため、数か月先の特別支給の老齢年金の受給と同時に定額部分も支給されました。
ご本人はご年配で歩行器で普段は生活されていました。息子さまよりご連絡いただき、前にご相談された社労士には遠回しにお断りされたとのことでご連絡いただきました。
息子さまもお仕事で忙しく、ご本人も医師に上手く状況を説明することが難しいため、数か月前に医師に書いてもらったという診断書を拝見すると、不足事項等が多く、大幅に現状と異なる内容でした。実は、肢体の診断書を書くのはとても難しく、計測に慣れている整形外科やリハビリテーションセンターの先生に書いてもらうことをお勧めしています。

躁うつ病で2級の遡及5年の決定通知が届きました。
漆原の著書を読んでくださった方からのご紹介により弊所にご来所いただきました。
ご本人、ご紹介者、お母様と初回のご面談を行い、ご依頼いただくことになり、無事に遡り5年の2級が決定されました。躁うつ病になられてから10年ぐらい経過されていたため、もっと早く知っていれば、もう少し早く障害年金を受給することができたと思うと、もっともっと障害年金の存在を周知することが必要だと改めて感じました。
弊所にお越しいただいた際に、居心地が良いとおっしゃっていただけたのが嬉しかったです。

 

【お客様の声】  川崎市  30代  女性 うつ病 障害基礎年金2級
病歴状況申立書等の書類をどのように記入したらいいのか分からずご相談してみることにしました。丁寧に説明してくれ、医師の診断書についても丁寧に進めてくれたおかげで、受給することができました。受給決定の通知が送られてきてから、生活の不安が以前より解消され、落ち着いて就職活動に専念でき、おかげさまで障碍者としてお勤めする会社もきまりました。
【お客様の声】  横浜市 50代 男性 うつ病 障害厚生年金3級
会社からの休職命令が出され、今回で4回目だったので、今後の生活が不安になり障害年金を申請することにしました。
先生は最善を尽くしてくださり、私一人では、ここまでしっかりと日常生活の現状や病状を医師に伝えることはできませんでした。お世話になり、本当にありがとうございました。
【お客様の声】 横浜市 20代 男性 20歳前傷病 ADHA 障害基礎年金2級
障害年金について全く分からず、自分が20歳前傷病として申請することも知りませんでした。病席申立書や必要書類も自分では作成できないと思っていたので、スムーズに進めてくれて助かりました。これから、落ち着いて就職活動を頑張れます。
【お客様の声】  横浜市  40代  男性  肢体 障害基礎年金2級
障害者手帳の件で役所に行ったときに、障害年金も受給できる可能性があると教えてもらったが、年金の窓口の方ですら、何度も電話でお問合せしている姿を見て、専門家の依頼しようと思った。
結果的に、順調に進み、疲れることなく、遡って年金を受給することができた。

・うつ病
・双極性障害
・適応障害(※精神病の病態を有する)
・脳梗塞、脳出血による高次脳機能障害
・網膜色素変性症
・人工透析(慢性腎不全) (障害厚生年金2級認定)
・肢体 (障害基礎年金2級認定  障害厚生年金3級認定)
・四肢麻痺 (障害基礎年金2級認定)
・股関節症 (障害厚生年金3級認定)
・双極性感情障害 (障害基礎年金2級認定  障害厚生年金3級認定)
・多系統萎縮症 (障害基礎年金1級)
・多発性硬化症 (障害厚生年金3級)
・心筋梗塞 心室細動 (障害厚生年金3級)
クローン病(難病)、・多発性骨髄腫(難病)、・心疾患・肝疾患 、その他、女性特有の病気等多数

 

年金事務所・年金相談センターでの年金相談

・2011年4月~2012年9月 対面相談1000人を超える

・2013年 街角相談員として、年金・労務相談対応

その後は、当事務所への直接のご依頼が増えたことにより、毎月多数の年金相談、申請のご依頼いただいております。

 

書籍の商業出版

・H26.12.23発売(秀和システム)
【著書】障害年金の手続きから社会復帰まで

☆書店・Amazon等で購入できます☆

書籍についての詳細はこちらをご覧ください。

 

障害年金業務に力を入れた国家資格集団とのチーム活動

・2013年10月10日~

障害年金業務を専門とした士業WOMANを運営し、メンバーと様々な活動をしております。

士業WOMANとは、女性特有の病気の障害年金申請を専門とする女性法律系国家資格専門家集団です。

「男性には体の事を話しづらい…」そんな女性の悩みに寄り添います。

女性特有の病気に寄り添い、女性特有のライフステージを楽しむ。そんな女性が安心して活き活きと活躍できる社会を推進すべく活動しております。

s-woman
ブログ http://ameblo.jp/shigyou-woman/

WOMANヘッダー2
FBページ https://www.facebook.com/shigyouwoman

講演・セミナー実績

★ H29年2月13日行政書士の先生方による、コスモス成年後見サポートセンター神奈川支部さまにて講師しました。

★ H27年1月11日世田谷オークラランド住宅公園にて「主婦向け公的年金・保険」についてのセミナー講師をしました。

★ H26年11月16日
Cava!(サヴァ)さま主催、就労支援セミナー「がんと一緒にはたらく方法を考えよう!」の講師をしました。

★ H26年5月8日
世田谷オークラランド住宅公園にて「給与明細から学ぶ公的年金&保険のポイント」のセミナー講師をしました。

 

その他の活動

・社会保険労務士業務損害賠償保険に加入しております。

本当の意味で責任を持つことがプロです。
損害賠償保険へ加入していない事務所には注意しましょう!

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ