うつ病等の精神疾患

うつ病などのこころの病気が、障害年金の対象になることを知らない場合が多くあります。

厚生労働省による、そううつ病に係る障害年金の認定基準は以下の通りです。

他の気分障害についても同様の基準で認定されています。

 

うつ病の等級

 

1級 高度の気分、意欲・行動の障害及び高度の思考障害の病相期があり、かつ、これが持続したり、ひんぱんに繰り返したりするため、常時の介護が必要なもの
2級 気分、意欲・行動の障害及び思考障害の病相期があり、かつ、これが持続したり又はひんぱんに繰り返したりするため、日常生活が著しい制限を受けるもの
※日常生活が著しい制限を受けるものとは、必ずしも他人の助けを借りる必要はないが、日常生活は極めて困難で、労働により収入を得ることができない程度のものをいいます。
3級 気分、意欲・行動の障害及び思考障害の病相期があり、その病状は著しくないが、これが持続したり又は繰り返し、労働が制限を受けるもの

 

※また、障害手当金には、労働が制限を受けるか又は、労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの

 

障害基礎年金も障害厚生年金も、認定機関が違うため、どの症状が何級とは断言できません。

但し、日常生活の状態を担当医師に十分理解してもらい、診断書を記入してもらうことが重要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ