川崎・横浜の障害年金申請

      障害年金の申請は
      実績豊富な横浜・川崎・東京エリアの
      女性社労士におまかせください!

障害年金についてご存じですか?

 病気やけがなどが、日常生活や労働に支障のある状態であれば、障害年金の審査対象となる可能性があります。

 その病気やケガ(悪性新生物(がん)、うつ病・躁うつ病等の精神疾患、、発達障害、糖尿病、人工透析、肢体の病気、ペースメーカー・ICDの植込み、心疾患、肝疾患、難病、交通事故でのケガ)は、障害年金を受給できるかもしれません。

 障害年金は、請求しなければ受給することができません!障害年金は、老齢年金や遺族年金と同じ公的年金です。一定の要件を満たせば、受給する権利があります。

 ところが、障害年金の制度や手続きは複雑で分かり難く、受給できる権利があるにも関わらず、 知らずに請求していなかったり、諦めてしまうことが多いのです。

 障害をお持ちの方にとって、生活と心を支えることにもなる年金を受給できる権利を守るために、最善を尽くしお手伝いいたします。

社会保険労務士に依頼するか迷ったら・・・

弊所にご依頼いただくメリット・デメリット

障害年金を受給するための3つの要件について

 障害年金を受給するためには、次の3つの要件を満たす必要があります。

1.初診日の要件

初診日とは、現在かかっている障害の原因となった病気やケガに対して初めて医師の診察を受けた日です。

公的年金の種類には、国民年金、厚生年金、共済年金があります。
どの制度に加入中のときに「初診日」があったかによって、受け取れる年金が確定されます。

そのためにも、初診日がいつなのか証明できる書類が必要です。

2.保険料納付の要件

初診日の前日において、保険料納付の状態が次のいずれかを満たしていなければなりません。

  • 初診日の属する月の前々月までの直近の1年間に保険料の未納期間がないこと。
  • 初診日の属する月の前々月までの被保険者期間のうち、保険料を納めた期間(第3号被保険者期間も含む)が3分の2以上であること。

    ※被保険者でない20歳前の傷病により障害の状態になった方については、保険料納付要件は問われません。

3.障害認定日の要件

上記の初診日と保険料納付の要件を満たした上で、障害認定日において、一定の障害の状態にあれば、障害年金が受給できます。

障害認定日は、原則、次のいずれかの日となります。

  • 初診日から起算して1年6ヶ月を経過した日
  • 1年6ヶ月以内に傷病が治った場合はその治った日
ただし特例として、初診日から1年6ヶ月を待たずに請求できることがあります。
また、障害認定日に一定の障害の状態に該当しなかった場合でも、65歳に達する日の前日までの間に該当するに至った場合は、事後重症による請求が可能となります。

弊所の5つの特徴・・・障害年金の書籍出版、豊富な経験と実績、愛情

 

1.障害年金に対する熱い思いから、本の商業出版が実現しました。「障害年金の手続きから社会復帰まで(秀和システム)」

2.年金事務所や街角の年金相談センターにて、多数の年金相談員経験を積んでまいりました。

3.社会保険労務士として開業7年以上に渡り、障害年金のご相談や申請手続きなど、多くの実績があります。

4.定期的に障害年金の公開審理を厚生労働省にて傍聴するなど、注意点を把握し、常に最新の情報にアンテナを張っています。

5.有志による障害年金専門の女性社労士チームにて、定例会として障害年金の勉強会や研究会を開催, 障害者向けの就労支援施設や団体へのセミナー開催、見学会、ボランティア活動を長期的に行っております。

お客様の声

お客様からのご意見・感想の一部を紹介させていただきます。
※画像をクリックすると拡大します。

障害年金お客様の声1

脳出血による高次脳機能障害で障害年金が支給決定されました。

ご自分で申請された際には不支給決定だったとのことでご相談いただきました。
精神の診断書を書いたことがない医療機関とやりとりしながら支給決定に至りました。
日々症状が悪化し年収も低下するなかで、二人のお子さんを育てられていたため、とても不安な表情でご来所いただいたきました。 支給決定され、不安が安心に変わったとおっしゃっていただけて何よりでした。

障害年金お客様の声2

うつ病で1級の受給権を得ました!

弊所にお越しになられた際には、ご家族はとても不安で焦られている様子でした。
症状の突然の悪化にパニックされているようにも見えました。 共催組合だったため、独特な進め方でしたが、ご家族も主治医も協力的だったため、1カ月以内に支給申請まで完了しました。
事後重症請求だったため、最善の状態で進められたと思います。
傷病手当金との調整もあり、分からないことが多い中で混乱されたことと思いますが、1級が決定されて良かったです。

障害年金お客様の声3

適応障害で遡及して支給決定されました。

息子さまを心配するご両親からのご依頼でした。
漆原の著書を読み、障害年金の存在を知ったそうです。
初回のご面談の際に、切実なお話をお伺いしながら、なんとかお役に立ちたいと感情が湧き出たのを今でも思えています。
適応障害で遡り支給決定され、現在は双極性障害で引き続き受給されています。
カルテの開示請求で取得した書類を証拠に、申立書を追加で添付し、受給権を得ました。

★他のお客様の声、実績の詳細

障害年金について

対応エリア

横浜市(港北区、鶴見区、都筑区、青葉区、緑区、神奈川区、西区、中区、保土ヶ谷区、旭区、瀬谷区、磯子区、金沢区、南区、港南区、戸塚区、栄区、泉区)

川崎市(麻生区、多摩区、宮前区、高津区、中原区、幸区、川崎区)

東京都(23区、町田市)

弊所では、原則、ご相談・ご面談の際にはご来所いただいておりますが、次の主要エリア(神奈川・東京)については、ご事情などがある場合には、お客様のご自宅の最寄り駅近くの飲食店やご指定の場所にお伺いさせていただきます。

横浜市(港北区、都筑区、青葉区、緑区)
川崎市(麻生区、宮前区、高津区、中原区)
東京都(二子玉川、町田駅周辺
路 線(小田急線:新宿~相模大野、田園都市線:長津田~二子玉川、グリーンライン:日吉~中山、ブルーライン:あざみ野~新横浜)

ご郵送・メール・電話・FAXのみでのご対応も可能性です。こちらの場合は、関東エリア全域対応させていただいております。できれば外出を避けたい方や、外出が難しい方に向いており、増加傾向にあります。 また、ご来所いただける場合は、全国対応させていただきます。

その他、相談によりご依頼受けさせて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ