障害年金の基礎知識

障害年金とは、国民年金及び厚生年金、共済年金の加入者が、その加入中に生じた病気等で、労働に支障がある場合や通常の生活が困難な場合に支給される公的給付の事です。

上記年金の加入者で、条件さえ満たしていれば誰でも請求する事が可能です。

しかし障害年金は、非常に請求が複雑で、ご自身で手続きされる場合は、把握するだけでもとても時間がかかったり、途中で諦めてしまうこともあります。

また、診断書や申立書の書き方で障害の等級が変わったり、不支給になったりすることもあり、進め方のコツを知らないと、認定の部分で低い評価となることがあります。

 

障害年金の種類

障害年金は、その障害の原因となった病気やケガの初診日において下記のどの年金制度に加入していたかにより、請求できる障害年金の種類が異なります。

障害年金は、次の3種類。

国民年金 ・・・・・ 障害基礎年金(1級、2級)※3級はありません。
厚生年金 ・・・・・ 障害厚生年金(1級~3級)
共済年金 ・・・・・ 障害共済年金(1級~3級)

初診日とは、初めて医師または歯科医師の診察を受けた日のことを指します。

 

障害基礎年金

障害基礎年金は、自営業者や専業主婦、学生などが加入する国民年金の期間中に初診日がある病気やケガによって障害の状態になった場合に受給できる年金です。
次のような場合に障害基礎年金をもらえます。

  • 初診日において、自営業者や専業主婦、学生等が加入する国民年金の被保険者であった場合
  • 年金に未加入であった20歳前の病気やケガにより障害の状態になった場合
  • 国民年金に加入したことのある人で、60歳~65歳未満の間に初診日のある病気やケガで障害の状態になった場合

 

障害厚生年金

障害厚生年金は、一般の会社員などが加入する厚生年金の期間中に初診日がある病気やケガによって障害の状態になった場合に受給できる年金です。
次のような場合に障害厚生年金をもらえます。

  • 初診日において、一般の会社員などが加入する厚生年金の加入期間中であった場合

 

障害共済年金

障害共済年金は、公務員などが加入する共済組合の組合員期間中に初診日がある病気やケガによって障害の状態になった場合に受給できる年金です。
次のような場合に障害共済年金をもらえます。

  • 初診日において、公務員などが加入する共済組合の加入期間中であった場合

 

障害等級に該当する程度の障害の状態(障害認定基準)

傷病や障害の種類ごとに細かく定められおり、一概にはいえませんが、1級~3級の基本の状態は、おおむね次の通りとなります。

1級 ・・・・・
機能の障害または長期にわたる病状により、総合的に認定するものとし、常時の介護を必要とする程度のもの

2級 ・・・・・
機能の障害または長期にわたる病状により、日常生活が著しい制限を受ける程度のもの
(必ずしも他人の助けを借りる必要はないが、日常生活は極めて困難で、労働により収入を得る事ができない程度のも)

3級 ・・・・・
労働が著しい制限を受けるか、著しい制限を加えることを必要とする程度障害を残すもの、及び労働が制限を受けるか、または、労働に制限を加えることを必要とする程度のもの

サブコンテンツ

このページの先頭へ