障害基礎年金の受給金額

初診日に国民年金のみに加入していた場合

  • 1級 年額983,100円(月額換算81,926円)+子の加算
  • 2級 年額786,500円(月学換算65,541円)+子の加算
  • 子がいるときの加算額 第1子・第2子については、1人につき226,300円、第3子以降は1人につき75,400円

※加算対象となる子は、

・18歳の年度末(3月31日)を経過していない子
・20歳未満で障害等級1級または2級に該当する障害状態にある子

※障害基礎年金に3級はありません。

 

障害厚生年金の受給額

初診日に厚生年金に加入していた場合

[年額]

  • 1級 (報酬比例の年金額×1.25+配偶者の加算)
    +障害基礎年金1級(983,100円)+子の加算
  • 2級 (報酬比例の年金額+配偶者の加算)
    +障害基礎年金2級(786,500円)+子の加算
  • 3級 報酬比例の年金額(最低保証額は、589,900円となります)
  •  障害手当金(一時金) 報酬比例の年金額×2年分 (最低保障額 1,150,200円)

※配偶者加算は、226,300円です。

※障害厚生年金3級の金額が支給されます。基礎年金には3級はありませんので、支給されるのは障害厚生年金のみとなります。

 

国民年金・厚生年金の共通事項

※年金額は、物価変動等に合わせて多少変動することがあります。

※老齢年金や遺族年金など、他の年金も受給できる場合、有利の年金を選択して受給することになります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ