障害年金の疾病一覧

障害というと、どうしても身体障害のイメージを持ってしまいますが、障害年金は生活や労働することに著しい制限がある程度でも支給されます。

精神の病気や内臓の病気、ガンなどでも受給することができます。

疾患名の例を挙げます。

※記載されている傷病以外にもたくさんの傷病が障害年金の対象となっておりますので、ご不明な場合はお問合わせください。

部位 疾患名
脳出血、脳梗塞、くも膜下出血、脳腫瘍、脳卒中
緑内障、眼球萎縮、ブドウ膜炎、網膜色素変性症、白内障
耳・鼻・口 喉頭摘出術後遺症、上下顎欠損感音性難聴、薬物中毒による難聴、頭部外傷または音響外傷による内耳障害、突発性難聴、メニエール病、神経性難聴、音響外傷による難聴、騒音性難聴、伝音性難聴、先天性奇形によるもの、外傷性鼻疾患
呼吸器・循環器 気管支ぜん息、肺線維症、慢性気管支炎、肺結核、じん肺
うつ・精神 そううつ病、統合失調症、老年及び初老期痴呆、老年性精神病、脳動脈硬化症に伴う精神病、アルコール精神病、頭蓋内感染に伴う精神病、アルツハイマー型認知症、てんかん、躁鬱病
内臓、糖尿病 肝炎、肝硬変、慢性腎不全、ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎、人工透析、多発性肝膿瘍、肝ガン、糖尿病
皮膚 皮膚がん
肢体 脊髄損傷、進行性筋ジストロフィー、上肢または下肢の離断または切断、外傷性運動障害、重症筋無力症、関節リュウマチ(人工関節)、多系統萎縮症
心疾患、高血圧 高血圧性心疾患、悪性高血圧症、狭心症、心筋梗塞
その他 パーキンソン病、進行性筋ジストロフィー、悪性新生物(ガン)、直腸膀胱障害、多発性骨髄腫

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ