「夫は外で働き,妻は家庭を守るべき」という考えが増加

「夫は外で働き,妻は家庭を守るべき」という考えは、

1992年の調査開始以来減少していたのですが、初めて増加となりました。

内閣府が「男女共同参画社会に関する世論調査」の結果を公表し、「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」との考えに

賛成する人=51.6%

(「賛成」12.9%+「どちらかといえば賛成」38.7%)

反対とする人=45.1%

(「どちらかといえば反対」27.9%+「反対」17.2%)

となっています。


賛成する人は、前回2009年の調査から10.3ポイントも増加したことが分かりました。

性別に見ると,

「賛成」とする者の割合は男性で,

「反対」とする者の割合は女性で,

それぞれ高くなっている。

年齢別に見ると,

「賛成」とする者の割合は70歳以上で,

「反対」とする者の割合は30歳代から50歳代で,

それぞれ高くなっている。

性・年齢別に見ると,

「賛成」とする者の割合は女性の70歳以上,男性の70歳以上で,

「反対」とする者の割合は女性の20歳代から50歳代で,

それぞれ高くなっている。


参考) 男女共同参画社会に関する世論調査
http://www8.cao.go.jp/survey/h24/h24-danjo/index.html


類は友を呼ぶのか、この考えを持っていない私の周りには、きっとかなり高い割合で「反対」派だと思います。

一概に夫(男性)か妻(女性)かということで決めるのではなく、子どもの年齢や家庭環境、幸せの価値観の違いにもよるのだと思います。

そんな環境に囲まれている私にとって、この調査結果はちょっと衝撃を受けました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ